入れ歯

難波の歯医者 おはら歯科 開運フレンドブック

フレンドブック
トップページトップページ友達リストプロフィールインプラント審美歯科歯周病クリニック案内
健康な暮らしに必要な入れ歯

「入れ歯」というとなんとなく、年寄りじみた気がしないでもありません。
でも、なくなった歯を悔やむより、入れ歯によって、これからの暮らしを快適にすることの方がもっと大切です。

入れ歯の正しい使い方や手入れ法を知らないために、不便な思いをしておられる方も案外多いようです。

楽しい食生活に欠かせません。
歯が抜けたまま放っておくと、食べ物をよくかむことができません。
そのために、やわらかい物、小さい物など食べられる物が限られてきます。食卓を囲んでの一家団らんの輪の中に入られないことにもなります。そしてこのままでは食欲もなくなり、健康を維持することができません。

入れ歯を上手に使いこなすことによって、食べ物がよくかめて、楽しくおいしく食べることが出来るようになります。そして多くの人達とグルメを通じての楽しみの輪が広がります。

若々しさを保ちます。
歯が抜けたまま放っておくと、口元に張りがなくなってしわができ、だんだん老人的な顔つきになります。
入れ歯によって、容貌が回復し、自信を持って明るい社会生活を送ることが出来るようになるのです。すぐれた技術と材料で作られた入れ歯は、以前と変わらない容貌を復活させ、生活にハリを与えます。

明るい会話がはずみます。
特に前歯は、1本でも抜けると、その間から空気がもれて、うまく喋ることができなくなります。

歯が抜けたままのときに、もどかしく思われた会話も入れ歯によってスムーズに出来るようになります。 会話は、食生活と同じくらい、私たちの生活、特に、お付き合いには欠かせないものですから、入れ歯の果たす役割は大変重要です。

残っている歯と歯ぐきを守ります。
歯は全部そろっていてこそ、その役割を十分に果たすものです。

それが1本でも欠けたままにしていると、残りの歯に負担がかかり、健康な歯まで早くダメになってしまいます。また、歯が傾いたり、かみ合っていた相手の歯が、のびたりして全体のかみ合わせが狂ってきます。さらに、口が開きにくくなったり、顎の関節が痛くなったりすることもあります。残っている歯と顎や口全体を健康に保つためにも、入れ歯は重要なものです。


入れ歯のトラブルを防ぐには・・・

大切に取り扱うことがいちばんです。
 不必要に入れ歯を唇、舌等でいじらないようにしましょう。
 ヤスリで削ったり、ペンチで曲げるなど、自分で調整しないようにしましょう。
 はずしたときは、水の中に入れましょう。乾燥するとゆがんで合わなくなります。
 かたいものの上に落としたり、熱湯をかけたり、火に近づけないようにしましょう。割れたり、変形したりします。
 洗うときは、落としてもよいように低い位置でしましょう。水をはった洗面器やタオルを敷いた上で洗うのもよいでしょう。

こんな場合は歯科医師に・・・
入れ歯は人によって形が違うものですから、落ち着くまでに何回かの微妙な調整が必要な場合があります。
市販の入れ歯安定剤の助けをかりたりして無理に使わないでください。

次のような時は必ず主治医に相談しましょう。
1.入れ歯があたって歯ぐきに傷がついている時。
2.下や頬の内側をよくかむ時。
3.極端に発音がしにくい時。
4.食物が非常にかみにくい時。
5.食事中や会話、また髭剃りなどの途中で入れ歯が落ちる時。
6.糖尿病や大きな病気をした後、入れ歯が合わなくなった時。

受診の時は、少なくとも1日前から入れ歯を使って、主治医が口の中の状況を診られるようにしておきましょう。

定期検査は必ず受けましょう。
入れ歯というものは、ある日数をかけて作るので、また、各個人1人1人の状態の変化もあるので、はじめて入れた時には、そのままでなく数回調整しなければいけないものです。
また、私たちの顎の形は、常に少しずつ変化しているので、入れ歯もそれに合わせて調整しなければなりません。
ゆるんでガタついた入れ歯をはめていると、不便な上、見た目も悪いだけでなく、顎の骨を保護する上にもよくありません。
このようなことから、1年に1度か2度は必ず主治医のもとで定期検査を受けましょう。


いつまでも美しい歯を保つために

入れ歯は正しく洗いましょう。
入れ歯は、正しい手入れをしないと、長持ちしないばかりでなく、汚れて独特のいやな臭いがしてきます。
さらに口の中が赤くなり、炎症をおこしてきます(義歯性口内炎)。これを防ぐ為に、まず毎食後は必ず歯ブラシで洗うようにしましょう。
この場合、歯磨剤はつけないでください。これでゴシゴシ磨くと入れ歯材料のプラスティックがすりへります。水を流しながら、軽く食べかすをはらう程度にしましょう。

残っている歯と歯ぐきも丁寧にお手入れを・・・
入れ歯をしていると、歯も汚れやすくなってきます。
自分の歯と歯ぐきは毎日食後丁寧に磨きましょう。

入れ歯と自分の歯を常に清潔に保つことは、虫歯や歯槽膿漏の予防になり、結果として、入れ歯をより長く気持ちよく使うことができます。

入れ歯を守るのはあなた自身です。
入れ歯は慣れてくると、体の一部のようになってきます。
入れ歯の手入れ、点検を怠らないことはもちろん大切です。しかし、病気などすると、口の中にも当然影響が出て入れ歯にも支障をきたします。

何か問題あれば、遠慮せずにこまめに相談して下さい。
これからのことを心がけて、あなたの入れ歯で、心豊かに健康な毎日を過ごしましょう。


目立たない入れ歯 ノンクラスプデンチャー

「目立たない入れ歯があれば‥」、
「入れ歯のバネの金属が恥ずかしい…」、とお考えの方は多いと思います。

現在義歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分義歯(入れ歯)には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ、止め具)が付いています。
保険診療の部分義歯の場合どうしてもこの金属製の金具が存在します、この審美的問題を解決するのが「ノンクラスプデンチャー」なのです。

ノンクラスプデンチャーは、入れ歯に金属製のバネを使用しない入れ歯です。金属を使用しないため、目立たず審美性に優れています。
金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。
そのため、口を開けてもが金属製の金具(バネ、止め具)見えなく、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違い、審美性に大変優れています。